平成29年8月8日

お盆

精霊馬お盆は祖先をお祭りする行事で、古くは旧暦7月15日を中心に行われていましたが、現在では新暦の7月15日に行う地方、月遅れの8月15日に行われる地方があります。

お盆は、あの世で苦しんでいる死者を供養し、救う「盂蘭盆(うらぼん)」の略語で、仏教の行事とされています。しかし、本来の原始仏教には祖先の御霊(みたま)に対する信仰はありませんでした。

また日本では、古来より祖先の御霊をお祭りする習俗があり、仏教伝来後、盂蘭盆の考えと日本古来の御霊まつりが習合し、祖先の御霊を招いてお祀りするという現在のお盆の行事が生まれました。
仏教の行事と思われがちなお盆ですが、神道の思想もしっかり盛り込まれているのです。

灯籠流しお盆の時期になると、お墓を掃除したり、お墓の草を刈って、集落までの道筋をつける「盆道」の風習や、門口で迎え火を焚いて、祖先の御霊をお迎えし、家でご先祖様をおもてなしします。そしてお帰りの際には送り火を焚いたり、灯篭を河や海などに流してお見送りする「精霊舟」の儀式が行われるなど、地域によって様々な風習があります。 また盆踊りも本来、祖先の御霊を慰め送り出すものです。

嬉しいことが重なると、「盆と正月が一緒にきたようだ」という言葉を使うことがありますが、日本にあるたくさんの年中行事の中には、祖先の霊をおまつりするものもあります。
盆と正月は、祖先の御霊をお迎えし、交流できる日だからこそ、日本人は特別な日として大切にしてきました。

古来より日本人は祖先を敬い、日々感謝の念を抱いて暮らしてきました。しかし、現在の核家族化により、祖先を敬う気持ちがだんだんと薄れてきているようにも思われます。
祖先の御霊をお迎えするお盆の季節に、祖先への思いを馳せてみてはいかがでしょうか?

イラスト ©JINJAHONCHO


>>バックナンバー
兵庫県神社庁
〒650-0015
神戸市中央区多聞通3-1-1
TEL 078-341-1145
FAX 078-371-6015
Copyright (C) 2008 兵庫県神社庁 All Right Reserved, 記事・写真の無断転載を禁じます。