平成29年9月20日

国民の祝日について~その2

ゴールデンウィーク前に、「国民の祝日について~その1」で、『国民の祝日』について解説しました。
9月から11月にかけても、休日が続き、連休となることから、ゴールデンウィークに対して、シルバーウィークなどと呼ばれることがあります。
今回のトピックスでは、秋のシルバーウィークについて紹介したいと思います。
それぞれの祝日の持つ意味や、メッセージについて、考えるきっかけとなって頂けたら幸いです。そして、祝祭日には国旗を掲げてみんなでお祝いしましょう。
9月第三月曜日 敬老の日:多年にわたり社会につくしてきた老人を敬愛し、長寿を祝う
昭和22年9月15日、兵庫県多可郡野間谷村(現在の多可町八千代区)で、村主催の「敬老会」を開催したのが「敬老の日」の始まりであるとされています。
この9月15日は、聖徳太子が身寄りのない病人や老人の救済施設である悲田院(ひでんいん)を建立した日とも伝えられています。
野間谷村では、翌年の2回目の敬老会で、9月15日を村独自の祝日、「としよりの日」と定め、老人が敬愛されるというだけでなく、老人も社会参加をし、みんなが老後を考える機会にしてほしいとの思いから、祝日化を目指す運動を展開します。この動きは各地の市町村へと広がり、昭和25年に、まず兵庫県が9月15日を「としよりの日」と制定、さらに、県や国に対して働き掛けを続け、昭和41年、「敬老の日」が国民の祝日に加えられました。
日本は古くから年配者に対する尊敬と感謝の気持ちを強く持ち、お年寄りをいたわってきました。そして日本は世界一の長寿国でもあります。あらためて「老人を敬愛する心」の大切さについて考えてみましょう。
※現在では敬老の日は9月第3月曜日となっています。
9月23日ごろ 秋分の日:祖先をうやまいなくなった人々をしのぶ。
秋分の日 国立天文台が毎年公表する「秋分日」によって決まる祝日、「秋分」は二十四節気の一つで、「昼と夜の長さが同じ」といわれますが、実際には昼のほうが長く、3月20日ごろの「春分の日」と合わせてこの日の前後3日間を「彼岸」と呼びます。彼岸は本来、墓参りをして、ご先祖さまのおまつりをする時期でもあります。また、宮中では歴代の天皇・皇后・皇親の霊を祭る儀式「皇霊祭」が行われています。
「暑さ寒さも彼岸まで」と言われるように、この日を境に季節は秋へと向かいます。
10月第二月曜日 体育の日:スポーツにしたしみ、健康な心身をつちかう。
体育の日 西暦2020年には再び東京オリンピックが開催されますが、前回の東京オリンピックは、昭和39年10月10日に開会式が行われ、それを記念して定められました。
東京オリンピックは戦後の日本の復興を象徴する国をあげての一大行事でした。この日が選ばれたのは、観測史上、晴れる可能性が高い日だったためです。
スポーツの秋、子どもたちの体力低下が問題となっていますので、スポーツなどで体を動かし、健康な心身を養いましょう。
※現在では体育の日は10月第2月曜日となっています。
11月3日 文化の日:自由と平和を愛し、文化をすすめる。
文化の日 明治天皇の御誕生日であったこの日は、昭和2年に「明治節」として祝日に定められ、国民に親しまれてきました。昭和23年に、近代文化が目覚ましい発展を遂げた明治の時代に思いを致し、「文化の日」として改めて制定されました。また、日本国憲法が公布されたのは昭和21年のこの日でもあります。
現在では、皇居において文化勲章の授与式が行われます。
11月23日 勤労感謝の日:勤労をたっとび、生産を祝い、国民たがいに感謝しあう。
勤労感謝の日 この日、宮中では天皇陛下が天照大御神をはじめとする神々に新穀をお供えし、ご自身もお召し上がりになる「新嘗祭」が行われます。これにあわせて、全国の神社では新穀の収穫を感謝するおまつりが行われます。現在、日本の食料自給率は約40%で、食料のほとんどを輸入に頼っています。あらためて食の恵みについて考えてみましょう。
イラスト ©JINJAHONCHO
参考:神社本庁 『日本の祝日と国旗国歌ハンドブック』

>>バックナンバー
兵庫県神社庁
〒650-0015
神戸市中央区多聞通3-1-1
TEL 078-341-1145
FAX 078-371-6015
Copyright (C) 2008 兵庫県神社庁 All Right Reserved, 記事・写真の無断転載を禁じます。