平成28年12月28日

お参り

イラスト ©JINJAHONCHO

新年を迎えるにあたって

正月飾り
一年の幸せと実りをもたらしてくれる歳神様(としがみさま)をお迎えするために、まず家の内外を掃除する「煤払い」を行い、門松や、注連縄飾り等の正月飾りを準備します。
正月飾りは12月28日までにするのが良いと言われており、29日は「二重苦」につながり、30日は旧暦の大晦日、31日に飾るのは新年前日のやっつけ仕事として、「一夜飾り」と言われて避けたほうがよいとされています。
大掃除にあわせて神棚もきれいにし、神社から新しい神札を納めます。古い神札は一年間無事に過ごせた感謝を込めて、氏神神社に納めてお焚きあげしていただきましょう。

>>バックナンバー
兵庫県神社庁
〒650-0015
神戸市中央区多聞通3-1-1
TEL 078-341-1145
FAX 078-371-6015
Copyright (C) 2008 兵庫県神社庁 All Right Reserved, 記事・写真の無断転載を禁じます。