平成31年2月8日(金)

神道いざない講演会




JR神戸線「神戸駅」から北へ徒歩3分
阪急・阪神・山陽各線 「高速神戸駅」下車すぐ
市営地下鉄「大倉山駅」「ハーバーランド駅」より徒歩5分

寺社めぐりや御朱印あつめがブームな昨今、日本文化や神社に興味がある人が増えています。 でも、神社には行くけれど、「神道って何?」と聞かれたら答えられない人も多いです。 私たちの暮らしの中にある「日本人のこころ」とどのように関わっているか、気づいてもらえたらと思い、この度「神道いざない講演会」を立ち上げました。

オープニングコンサート


・唄ひ手 涼恵氏
ブラジル・サンパウロ産まれ、帰国後は東京、青森、神戸で過ごす。
幼い頃から神社で育った彼女は、山川草木の語らいに耳を澄まし、言霊を唄うと評され、洋楽器に箏、龍笛、神楽鈴をとりいれた独特の音楽世界を創造。07年にはカーネギーホールでリサイタル、08年ブラジルにて移民100周年記念コンサート、09年ロシア・ウラジオストクビエンナーレなど、国内外で活躍している。
代表曲「豊葦原の瑞穂の国」「花の祈り」「天地への祈り」「水の惑星」など多数

雅楽・舞楽「蘭陵王」-生田雅楽会-


生田神社を会場に、神社関係者や、学生、会社員、自営業、主婦などさまざまな人が集まり練習している。主な活動は毎年9月に開催する雅楽演奏会「雅楽の夕べ」をはじめ、県内外での催し物への参加、ドイツ・カナダ・エストニアなどでの海外公演など。

記念講演 17:30~
演題:生きる ~次世代に伝えたい日本人のこころ~
講師:アルピニスト 野口 健 氏


©Ken Noguchi Offiice


1973年8月21日、アメリカ・ボストン生まれ。亜細亜大学卒。
高校時代に植村直己氏の著書『青春を山に賭けて』に感銘を受け、登山を始める。
1999年、エベレストの登頂に成功し、7大陸最高峰世界最年少登頂記録を25歳で樹立。
2000年からはエベレストや富士山に散乱するごみ問題に着目して清掃登山を開始。
2007年エベレストを中国側から登頂に成功。近年は清掃活動に加え、地球温暖化による氷河の融解防止にむけた対策、日本兵の遺骨収集活動などにも力を入れている。
2015年4月、ヒマラヤ遠征中にネパール大震災に遭遇。すぐに「ヒマラヤ大震災基金」を立ち上げ、ネパールの村々の支援活動を行う。
2016年4月に起きた熊本地震においては、避難所としてのテント支援を行い、テント村の設置、運営などもおこなった。

申込み方法

募集定員:先着300名(申込多数の場合はお断りさせて頂く場合もございます)
募集期間:平成30年12月15日~平成31年1月10日(消印有効)
申込方法:往復はがき(1枚で3名まで申し込み可)、電子メール(下記QRコードを参照下さい)に、参加者全員の氏名・年齢、代表者の氏名・住所・電話番号を明記し兵庫県神社庁までお申し込み下さい。
1月下旬頃より参加証を送付致します。
その他:お預かりした個人情報は神道いざない講演会に関連する内容以外には使用いたしません。
お子様(未就学児)の講演会場への入場はご遠慮頂いております。
公共交通機関のご利用をお願い致します。
自家用車でのご来場はご遠慮頂き、近隣の有料駐車場のご利用をお願いします。

>>バックナンバー
兵庫県神社庁
〒650-0015
神戸市中央区多聞通3-1-1
TEL 078-341-1145
FAX 078-371-6015
Copyright (C) 2008 兵庫県神社庁 All Right Reserved, 記事・写真の無断転載を禁じます。